美味しい埼玉食べ創造

料理研究家・川上文代が埼玉の食材を使った簡単レシピをご紹介します!

第8回 1日500斤売れる! サンセリテのじっくり熟成パンは塩きゅうりでシンプルに

川上文代

15時間熟成のしっとり無添加食パン

 ベーカリー「サンセリテ本店」は、埼玉県狭山市にあり、西武新宿線狭山市駅からバスで約6分、「狭山台ショッピングセンター前」で下車し、徒歩2分ほどの住宅街に店を構えています。約30台分の駐車場も完備されており、遠くから買いに来られる方がひっきりなしに訪れます。

 社長の高田知明さん(58歳)はフランス菓子の名店「ルノートル」で3年半修業した後、お父様が息子のために開いた「ベーカリー高田(旧店名)」に26歳でパン職人として入りました。それからというもの、寝る間を惜しんで研究に打ち込み、パンのコンクールで数々のグランプリを受賞するまでに至りました。

クリームパン「ザクトロ」は東京都パン商工協同組合主催の「パングランプリ東京」(2016年)で最高賞の東京都知事賞を受賞

食パンからカレーパン、サンドイッチまで、さまざまなパンを販売

 常時50種類、全部で約80種類あるパンは、価格や形状など常に地域のお客様目線で作られています。経営者としても才覚を発揮して、2016年に「サンセリテ北の小麦 世田谷店」、19年に「サンセリテ祖師谷店」を開き(ともに東京都世田谷区)、22 年7月にはベーカリーレストランを世田谷・祖師谷大蔵にオープン予定。

 初の試みのベーカリーレストランを展開するため、料理の勉強も必要とのことで、当教室「デリス・ド・キュイエール」の熱心な生徒さんでもあります。社長自ら新たな分野に取り組む姿勢は、私も見習わねばと思います!

当教室でじゃがいものシャトーむきの試験に取り組む(左奥が高田さん)

 テレビでも取り上げられたサンセリテの「天熟食パン」はホシノ天然酵母を使った15時間熟成のしっとりした無添加食パンで、1日500斤も売れるという大人気商品です。食べた瞬間に甘みを感じますが、ゆっくり熟成した際に出る自然な甘みなので、噛むほどにおいしさを実感します。加水率を上げたしっとりしたパンはそのままでもおいしいけれど、冷凍してもパサつかず、トーストすると小麦の香ばしさや柔らかさが際立ちます。

 サンセリテではどのパンもじっくり熟成して作られるため、しっとり・もっちり・旨みが違うので、手が止まりません。今回は、天熟食パンのおいしい食べ方をご紹介します。天熟食パンのふわふわもっちりで長時間熟成した旨みと、シャキッとして瑞々しい塩きゅうり、バターのコクが織りなす美味しさの相乗効果を追求しました。

日本古来の醸造技術を応用した発酵種「ホシノ天然酵母」を使い、種おこしから3日かけて焼き上げる「天熟食パン」

【サンセリテ】
https://sincerite-pan.com/

天熟食パンの塩きゅうり添え

天熟食パンの塩きゅうり添え

材料(2人分)

  • 天熟食パン(厚さ2cm) 2枚
  • きゅうり 1本
  • 塩ひとつまみ
  • バター 10g

作り方

  1. ① きゅうりはピーラーで皮をむき、両端を切り落とす。厚さ2mmの輪切りにして塩をまぶし、10分したらキッチンペーパーで水分を取る。
  2. ② 天熟食パン2枚に、バターをところどころのせ、表面をカリッとトーストする。
  3. ③ トーストに塩きゅうりをのせる。
執筆者プロフィール

川上文代(かわかみ・ふみよ)
料理研究家。辻調理師専門学校で12年間勤務後、デリス・ド・キュイエール川上文代料理教室主宰。『家庭の魚料理-保存版-魚のさばき方と一生使えるレシピ』(グラフィック社)、『フライパンで!時短和食』(主婦の友社)、『新装版 和食の教科書』『新版 イチバン親切な料理の教科書』(ともに新星出版社)をはじめ、著書多数。
https://www.delice-dc.com
川上文代

投稿順 新着順