第1回 埼玉漆黒ベーコンうどん - 実は全国2位のうどん県。名産品を凝縮した大人の味

くらし 川上文代

美味しい埼玉食べ創造

料理研究家・川上文代が埼玉の食材を使った簡単レシピをご紹介します!

埼玉漆黒ベーコンうどん

「日独融合」の一品

 “埼玉のうどん”といえば、二十数年前にうどんのスタンプラリーに参加した時の「加須うどん」を思い出します。つるりとした食感で食べやすい。以来、私の中で“埼玉のうどん”といえば加須です。

 朝霞の林製麺所のうどんも忘れられません。二十数年前に初めて食べた際、あまりにも素朴で、「なんで埼玉の人はこのうどんが好きなのかな~」と思ったもの。何度か食べるうちに、地粉の豊かな風味や、太さの違う手作り感が忘れられない味になりました。

『スゴい! 埼玉 うどん王国宣言‼』(大空出版)の著者である永谷晶久氏にお話を伺いました。“埼玉を日本一の「うどん県」にする会”の会長さんです。「埼玉県のうどん生産量は、香川県に次いで第2位なんです」と永谷氏。著書には、埼玉のうどんの歴史や、地域別にうどんの種類やお店が紹介されています。

 埼玉県はドイツ・ブランデンブルク州と姉妹都市。ドイツといえばビールにハムやソーセージ。ドイツの醸造技術を取り入れたのが川越名産のCOEDOビール。6種類あるビールのうち、磨きをかけた「漆黒」は、色が黒くローストした麦芽の香りが特徴です。サイボク(本社・日高市)はハムやお肉の専門店で、ドイツの国際食品コンテストでは何度も受賞しています。

 今回はサイボクのベーコンとCOEDOの「漆黒」、寛政元(1789)年創業の笛木醤油(川島町)が造る「金笛醤油」を使用し、埼玉の名産品を凝縮したレシピを考案しました。その名も「埼玉漆黒ベーコンうどん」。ちょっぴりほろ苦い大人の味をお楽しみください。

漆黒
COEDOのブラックラガー「漆黒」
ベーコン
今回使用したのは右のベーコン
醤油
金笛醤油は杉桶でじっくり発酵・熟成

埼玉漆黒ベーコンうどん

埼玉漆黒ベーコンうどん

材料(2人分)

  • 幅広うどん 2玉
  • つゆ 砂糖大さじ3、醤油大さじ4、ビール150ml、だし汁600ml
  • ベーコン 120g
  • しいたけ(大)2枚
  • モロヘイヤ 20g
  • 白ねぎの小口切り 適量
  • 粗びき黒胡椒 少々

作り方

  1. ベーコンは4枚に切り、しいたけは半分に切る。モロヘイヤはザク切りにする。
  2. 鍋につゆの材料とベーコン、しいたけを入れて10分煮る。
  3. 器につゆを注ぎ、ゆでたうどんとモロヘイヤ、ベーコン、しいたけ、白ねぎをのせて、粗びき黒胡椒を散らす。
執筆者プロフィール

川上文代(かわかみ・ふみよ)
料理研究家。辻調理師専門学校で12年間勤務後、デリス・ド・キュイエール川上文代料理教室主宰。新刊『フライパンで! 時短和食』(主婦の友社)、『新版 イチバン親切な料理の教科書』(新星出版社)をはじめ、著書多数。
https://www.delice-dc.com
川上文代


新着順