風の民の呟き

トカイナカから掘り起こした物語、眠っていた鉱脈、やっと出会えた人、
長い間のラプソディ。そんな宝物を折々に綴ります。
トカイナカからの贈り物──。

衰退したニュータウンの「魅力」を発掘して「再生」する若いエンジン 〜鳩山ニュータウンに集う若者たち

神山典士

本家さん菅沼さんが経営するニュー喫茶幻、1970〜80年代をテーマにした音楽と作品が楽しめる。集まるお客さんも高度成長期を知る世代が多い

「私は趣味と実益を兼ねて、鳩山ニュータウンに賃貸用の不動産物件を購入しました」

 そう語るS・Nさんは30代半ばのOLだ(取材時、現在は退職)。東武東上線沿線の自宅から約1時間かけて約40回も現場に通い、自分で室内のリノベーションと庭の草取り、整備をしたという。

 若い女性が「トカイナカ」で投資家になる! しかもセルフリノベで!! それはいろいろな意味で驚きだったが、不動産投資家の間ではトカイナカは人気なのだそうだ。S・Nさんの場合、4LDKの物件で購入費とリノベ費を合わせて約600万円で賄えた。その結果──。

「状態がいいのに初期投資が少なく済んで利回りがいい。私の物件は年利15%くらい。ベテラン投資家になると利回り20%の物件を持つ人もいます」

 昭和40年代に分譲された鳩山ニュータウン(比企郡鳩山町)は、住民の高齢化が進み、埼玉県内でも有数の空き家率を「誇って」いた。池袋から電車で1時間以上かかり、駅からも10分ほどバスに乗らないといけない。

 けれどコロナになって「脱都会」のムーブメントが起き、リモートワークが一般的になって風向きが変わった。「時々は都内に通える町」「手ごろな価格で一軒家が買える町」。約半世紀ぶりに再び脚光が当たったのだ。

 ではS・Nさんが冒頭で語った「趣味」とは何を指しているのだろうか?

「それはニュータウンの中心部にある『鳩山コミュニティ・マルシェ』を管理している本家さんと菅沼さんの存在です」

 彼女が語るこの夫妻はアーティストだ。本家さんはミュージシャン、菅沼さんは「高度成長期」をテーマとする現代美術作家。同マルシェの指定管理者となった藤村龍至・東京藝術大准教授の建築事務所(RFA)のスタッフで、人口減少高齢化で衰退するニュータウンに新しいコミュニティーを作るために派遣された。マルシェの運営だけでなく、ニュータウンに求めた自宅の一部を改造して「ニュー喫茶幻」を開業(不定期営業)。住民たちのサロンにしたり、「出前御用聞き」を行って高齢者の生活支援をしたりもしている。

 その存在を知って、同世代のS・Nさんは親しみを持ったと言う。「私はそもそもイラストレーターとして独立したいので、その準備として投資を始めました。セルフリノベをしていたら、家がアートのように思えてきて、菅沼さんのアートに親しみを覚えたのです」

 ニュータウンの人口は年々減少し、中心部はシャッター商店街となった。けれどマルシェでは連日「日替わりシェフ企画」が実施され、少しずつ賑わいも戻ってきた。

 S・Nさんの物件は、RFAが企画した「空き家ツアー」に参加した大学生(現在建築家)がシェアハウスとして借りている。RFAももう一軒を学生用のシェアハウスとしてリノベして、町には若い活気が出てきた。

 鳩山町に現れた新しいプレイヤーたち。彼らが従来にない発想と行動力で、トカイナカの魅力を掘り起こすエンジンとなる。


 埼玉トカイナカの魅力発掘発信のために。トカイナカ構想へのご支援をよろしくお願いいたします。

トカイナカハウス
〒355-0354 埼玉県比企郡ときがわ町番匠445
(八高線明覚駅徒歩5分)

二拠点生活メンバー募集中。
  • 年間家賃 12万円+税。
  • 素泊まり三千円〜寝袋泊千円〜
  • 冬季は暖房代一組千円
詳細・お問い合わせ
ソーシャルシェアハウス「トカイナカ」

 

執筆者プロフィール
神山典士(こうやま・のりお)

ノンフィクション作家、埼玉トカイナカ構想代表。1960年生まれ、埼玉県出身。入間市立豊岡小・豊岡中、埼玉県立川越高校卒業。ときがわ町トカイナカハウスでの生活を満喫中。美味しいうどんや野菜、懐かしき昭和テイストの温泉、移住者たちとの交流、あとは地元の皆さんとの交流を画策しています。著書に『成功する里山ビジネス ダウンシフトという選択』(角川新書)など多数。また、来春に『トカイナカ暮らしの流儀』(仮題)を上梓予定。

http://norio-kohyama.com/
講演依頼ナビDX


神山典士note

投稿順 新着順