蟹江杏 作「素敵な独り」
atelier ANZ

蟹江杏 作「素敵な独り」

通常価格 ¥45,000 ¥0 単価 あたり
税込

サイズ:280×210mm
シート価格(税込):45,000円
額装価格(税込):54,000円
※別途、送料がかかります。

販売数量: 5枚限定
お届けの目安:約3カ月


どんな物事にもいつかは終わりがやってきて、
連載もまた必ず終わりがやってきます。
はい〜。
早いもので23回目、この「あんずの花里物語」も今回で最終回。
さみしいなあ〜。

散々、好き勝手なエッセイを書かせていただきましたが、
そもそも、森と都会のデュアルライフを中心にエッセイを書くんだったわ。
ということで、今更で恐縮ですが・・・原点回帰。

エッセイをよむ

プロフィール

蟹江 杏(かにえ・あんず)

画家。東京生まれ、埼玉県飯能市の「自由の森学園」を卒業。「NPO法人3.11こども文庫」理事長。ロンドンにて版画を学ぶ。美術館や全国の有名百貨店など、国内外で多数の展覧会を開催。新宿区・練馬区・日野市をはじめ各地の都市型アートイベントにおいて、こどもアートプログラムのプロデュースを手掛ける。東日本大震災以降は、「NPO法人3.11こども文庫」理事長として、被災地の子ども達に絵本や画材を届けたり、福島県相馬市に絵本専門の文庫「にじ文庫」を設立するなどの活動を行う。また、2020年から「SDGs JAPAN」と連携し、アートやアーティストがどのようにSDGsに貢献できるかを、様々な分野のアーティストとともに模索、牽引していく。

https://www.atelieranz.jp

蟹江 杏