特集

1200人のシェフが愛用
さいたまヨーロッパ野菜研究会

くらし 成見智子

1200人のシェフが愛用<br>さいたまヨーロッパ野菜研究会

 これまでヨーロッパから空輸するしかなかった本場の野菜が、地元埼玉で手に入るようになった。

 生産だけでなく流通・販売・普及まで視野に入れ、地域が一丸となって産地形成してきたさいたまヨーロッパ野菜研究会、通称「ヨロ研」。13人の若手農家が生産した年間約60品目のヨーロッパ野菜を、飲食店などに出荷している。取引先は全国で1200軒以上あり、うち埼玉県内への出荷は約1000軒。地産地消の成功例として、他地域からも視察が絶えないが、「そう簡単には真似できない」と関係者は口をそろえる。その取り組みの、何が新しいのか。成功の原動力となっているものは何か。3回にわたってレポートする。(写真・文=成見智子・ジャーナリスト)

続きを読む →


埼玉トカイナカ構想宣言~「静かな革命」の途上で

神山典士

埼玉トカイナカ構想宣言~「静かな革命」の途上で

コロナ禍での新年となりました。如何お過ごしでしょうか?トカイナカコンソーシアム代表、ノンフィクション作家の神山典士です。私は昨年朝日新聞&Mで「withコロナのニューノーマル白書」という連載を行い、各界のリーダーに話を聞きながら、自分自身の現状やこの国の将来を考えました。

続きを読む →


SDGsランキング “日本一” のまち
川越市が描く「地方都市」の近未来 第2回

くらし 福﨑 剛

SDGsランキング “日本一” のまち<br />川越市が描く「地方都市」の近未来 第2回

埼玉県内で最初に市制がスタートした川越市は、2022年には市制100周年を迎える。圏央道も近く、都会と田舎の要素をバランス良く内包する「トカイナカ」として、注目度も高い。モノと人の流通を変える圏央道エリアのポテンシャルを探りつつ、近未来型の地域の在り方を示唆する川越市をフューチャーしてみた。(文=福﨑 剛 写真=北村 崇)

続きを読む →


1200人のシェフが愛用
さいたまヨーロッパ野菜研究会

くらし 成見智子

1200人のシェフが愛用<br>さいたまヨーロッパ野菜研究会

 これまでヨーロッパから空輸するしかなかった本場の野菜が、地元埼玉で手に入るようになった。

 生産だけでなく流通・販売・普及まで視野に入れ、地域が一丸となって産地形成してきたさいたまヨーロッパ野菜研究会、通称「ヨロ研」。13人の若手農家が生産した年間約60品目のヨーロッパ野菜を、飲食店などに出荷している。取引先は全国で1200軒以上あり、うち埼玉県内への出荷は約1000軒。地産地消の成功例として、他地域からも視察が絶えないが、「そう簡単には真似できない」と関係者は口をそろえる。その取り組みの、何が新しいのか。成功の原動力となっているものは何か。3回にわたってレポートする。(写真・文=成見智子・ジャーナリスト)

続きを読む →


トカイナカ構想の可能性

くらし 山崎 亮

トカイナカ構想の可能性

地域の人が地域の課題を自分たちで解決するために、人と人がつながる仕組みをつくるコミュニティデザイン。より良いコミュニティを形成するうえで欠かせない「トカイナカ」の魅力と未来を描く。

続きを読む →